LIFEFEELD

LIFEFEELD

Author:LIFEFEELD
LIFEFEELDへようこそ!
選りすぐりでこだわりのプロダクツをご紹介致します。
お問い合わせは、右下メールフォームをご利用下さい。
lifefeeld@gmail.com

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新トラックバック
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅実な進化で待望の「EOS 5D Mark IV」登場

02.jpg

ようやく登場、有効約3040万画素の35mm判フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IVを発表!このシリーズは、canonの中でもEOS1シリーズと同様に堅実で着実に進化を遂げていますね。4K、フルHD・60P、HD/119.9fps収録、HDR動画、タッチパネル、高感度、デュアルピクセル CMOS AF、1ファイル4GB制限から解放する、exFATフォーマット、ステレオマイク/ライン入力など追加してほしい機能をほぼ搭載。
前回はレンズ選択で悩み、ズーム比では24−105が理想的ではあるけれど設計が古い。このためマクロ付きで設計の新しい24−70に決定。選択外となったこのレンズ、10年越しでようやく新設計となってEF24-105mm F4L IS II USM登場。広角から中望遠をカバーするこのズームは、風化、ポートレート、ストリートスナップまでこなせるオールマイティーレンズとしてMark IVにベストマッチ。

body-24-105.jpg

★「高感度化」
高画素化とさらなる高感度化の両立を果たした約3040万画素フルサイズCMOSセンサー(画面サイズ:約36.0×24.0mm)を搭載。その解像力は、対峙する光景の空気感、臨場感までもつまびらかに描き出します。高画素化を達成すると同時に、さらなる高感度・低ノイズ化も実現することで、表現力だけでなく撮影領域までも拡大。→嬉しいスペックです!Mark IIIでも、比較的高感度撮影が出来たのですが、これが更に進化したことはありがたい。

cmos.jpg
35mmフルサイズ約3040万画素CMOSセンサー

★「高耐久性」
上・前・後カバーに加え、新たにボトムカバーをマグネシウム合金製にすることで、高剛性、高放熱性を実現。本体は、アルミ製シャーシと一体成型した高強度エンジニアリングプラスチックで軽量化を図りました。機能や信頼性を高めながらも、EOS 5D Mark IIIから約60gの軽量化を達成。→これは嬉しい!Mark IIIはボディだけでもかなり重いですから。

body.jpg

★「防塵・防滴構造」
さらに防塵・防滴性能を高めるため、外装カバーの合わせ部、電池室ふた、カードスロットカバー開閉部、シャッターボタンなどにシーリング部材を組み込んでいます。→兎に角これは、プロ用として必要不可欠!過酷な状況でも安心して使用できます。

dust.jpg

★「高精細液晶モニター・タッチパネル対応」
約162万ドットの高精細な液晶パネルを採用し、画像をより鮮明に表示。また拡大表示でのピントチェックを容易にしています。画面を指先で触れるだけで、さまざまな操作が行える静電容量方式のタッチパネル機能。タッチ操作でできることは多彩。たとえば画面の被写体をタッチするだけで、ピントを合わせたい位置を選択可能。ピントが合うと、自動的にシャッターを切る設定にもできます。→ダイヤル式は、目的を呼び出すのに手間がかかり面倒だったのが、これで直感的に操作がしやすくなる。

touch.jpg

★「EOSムービー」
EOS 5D Mark IVでは、デジタルシネマ規格であるDCI 4K(4096×2160)・30Pの内部記録を実現しました。さらにフルHD・60Pの記録が可能。フルHDでは、映像制作に適したMOVのほか、汎用性の高いMP4が選択できます。→ようやく4Kを搭載。しかも嬉しいのは、フルHDの60P(ALL-I)、mov、mp4と以前の拡張子を継続したところ。編集時や保存時にここが変わるとややこしいことに…。4KのMotion JPEG:約500Mbpsのビットレートはチョット気になるところ。但し、業務使用では暗いシーンは当たり前であるがゆえに4K時は常用最高ISO12800と言うのは少々残念。


EOS 5D Mark Ⅳ 特長紹介【キヤノン公式】

詳細→Canon




スポンサーサイト

恐ろしくコンパクトで多用途運用が可能な4Kビデオカメラ!

ブラックマジックデザインが新たに展開したBlackmagic Micro Studio Camera 4Kは、コンパクトかつ様々な運用を可能にした4Kカメラ。今までアクションカメラといえば「Gopro」というのが定番でしたが、これからはここ最近パワフルなメーカー「Blackmagicdesign」が主流になるかも…!?
何といっても、コンパクトかつレンズ交換対応、ユニークな拡張ポートを搭載しているため離れた場所でも様々なカメラコントロールが可能。またマルチカメラなど他のシステムと組んでの簡易マルチ収録など多彩な運用も可能。
pro-sound.jpg

詳細→こちら!

BOOMBOX・・・レトロだけれどセンスいい。

スマホを本体上部に置くだけで大音量に・・・・「BOOM BOX TOUCH SPEAKER」、見た目のインパクトもレトロ感バッグンでいいのですが、それ以上に驚かされるのは、なんとスマホを上にポンと置くだけで音量を上げてくれるということ。
めんどくさいことは何もありません。Bluetoothの接続も、ケーブルも要らないお手軽さ・・・。
400-493881img08.jpg
10時間使える充電式バッテリー搭載。PCからも充電可能でもちろん充電しながら使えます。Bluetoothなんて、ハイテクは要らない・・アナログ的な使用感がいいですね。
400-493881img03.jpg
ちなみに「BOOMBOX」とは、70年代に流行した大きなラジカセのことです。なりは小さいけど雰囲気はレトロモダンでお手軽に使えるし、ついでにお値段もお手頃です。

購入は→こちら!

Blu-rayとDVDを4Kに変換するマルチプレーヤーBD32 MkII

PRIMARE BD32 MkIIは、Blu-rayとDVDなどのディテールと発光色をリアルタイムでレンダリングし4Kクオリティーで再生するらしい!? 残念なのがAV出力ポートはHDMI出力。このクラスであれば出力のみでもSDIのポートも搭載が理想。また、Wi-Fi、USBまたはDNLA(デジタルリビングネットワークアライアンス)デバイスを介して、様々なネットワークによりメディアへのアクセスが容易。デザインもシンプル、マルチフォーマット/マルチチャンネルプレーヤー。
BD32II.png

詳細➡こちら!

スマホのカメラ機能をグレードアップ!

フォトキナ2014でiPhone 5/5s/6用のデジカメケース「Relonch Camera」を公開。F値2.0、APS-Cサイズのセンサー搭載、Lightningで接続するユニークなカメラアダプター。一体、どんな仕組みでどんな写真が撮れるのだろう!!
140918-650_1000_relonch_3.jpg


実は密かに狙っているのは、往年のヴィンテージカメラボディを流用したスマホドッキングカメラ…!?
裏蓋を上手く加工してスマホが取り付けられ、写真が撮れる機能が搭載できれば…。
天気予報
地域をClickすると詳細が分かります!

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム
ライフフィールドにご意見ご感想ご要望などお待ちしております!

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。